ハードディスクがクラッシュするときの予兆

ハードディスクがクラッシュしたときは『何で突然こんなことに...』と思われる人が多いでしょう。

しかし、ハードディスクがクラッシュするときは突然ではないのです。

ハードディスクがクラッシュする前には必ず予兆があるはずなのですが、大抵見落としがちですよね。

では、ハードディスクがクラッシュする予兆をいくつか挙げてみましょう。

①データの書き込みができない
ハードディスクにファイルやデータを書き込もうとしたけれど書き込めない場合
②起動が遅い
急にハードディスクの起動が遅くなった

このような場合に再起動すると大抵、正常な状態に戻りますから『大したことないなぁ』と思いがちです。

しかしこれが大きな間違いとなってしまうのです。

まず、いつもと違うと感じたときにデータ復旧業者に見てもらうようにしましょう。

また自分でバックアップをしておきましょう。

こうすることでハードディスクが完全にクラッシュするのを防ぐことができます。

またハードディスクがクラッシュしたときの被害としてはデータの消滅が大きな被害となります。

デジカメの画像やメール、家計簿など保存している大事な情報が消滅してしまいます。

しかしソフトウェアなどの場合は時間はかかりますが再インストールすれば元通りに使うことが可能です。

ソフトウェアを再インストールするくらいならまだいいのですが、やはりデータは再構築することは不可能なので大きな被害ですよね。

こうならないように不審な点があればすぐに業者さんにハードディスクの状態を診断してもらうことをオススメします。

関連記事

ハードディスクの丸ごとコピーの方法
ハードディスクがクラッシュしてしまったときに一番困るのが保存しているデータです。 クラッシュしてしまったら保存しているデータが消滅してしまうからです。 この
ハードディスクのバックアップのコツ!
ハードディスクがクラッシュする感じって大体わかってしまいますよね。 パソコンのキーボードで同じキーを押すとジージージー...と10回ほどハードディスクから聞こ
ハードディスクのクラッシュを未然に防ぐには?
ハードディスクのクラッシュは突然やってくるのはもうご存知ですよね。 しかしハードディスクがクラッシュするのを未然に防ぐことってできるのでしょうか。 ハードデ
ハードディスクは消耗品です!
パソコンのパーツの中で一番壊れやすいのはどこだかわかりますか? それはハードディスクなのです。ハードディスクは使っていれば必ずクラッシュしてしまうものなのです

▲このページのトップへ