ハードディスクのバックアップのコツ!

ハードディスクがクラッシュする感じって大体わかってしまいますよね。

パソコンのキーボードで同じキーを押すとジージージー...と10回ほどハードディスクから聞こえてくることがあります。

またディスプレイの上半分が透明な状態になっている場合はハードディスクがクラッシュしそうな感じなんですよね。

ハードディスクがクラッシュする前に備えておきたいこと、それがバックアップです。

大容量の外付けのハードディスクを購入しバックアップ用として使用するのがいいのではないでしょうか。

その後に今使用しているハードディスクの初期化をし、OSを再インストールするという手順になります。

しかしネットスケープの設定など全部、最初からやり直しになってしまいますから本当に面倒な作業ですよね。

効率的なバックアップの方法を紹介しましょう。

パソコンの設定内容はシステムフォルダーの中の『初期設定』というフォルダーにほとんど格納されています。

これを使用し設定をすると最初から設定し直すことはありません。

またMACを使用する場合はその他にも重要なファイル『拡張機能』『コントロールパネル』『フォント』など必要な設定情報が各フォルダーに入っています。

バックアップを外付けのハードディスクにし、今使用しているハードディスクを初期化し再インストールをします。

その後に外付けのハードディスクにバックアップした中から設定ファイルをコピーしなおします。

そうすると設定しなおすということはしなくても、元通りの環境に設定されますよ。

注意しなければならない点はシステムフォルダーの中に直接入っているファイルもありますから見落とさないようにしましょう。

関連記事

ハードディスクの丸ごとコピーの方法
ハードディスクがクラッシュしてしまったときに一番困るのが保存しているデータです。 クラッシュしてしまったら保存しているデータが消滅してしまうからです。 この
ハードディスクがクラッシュするときの予兆
ハードディスクがクラッシュしたときは『何で突然こんなことに...』と思われる人が多いでしょう。 しかし、ハードディスクがクラッシュするときは突然ではないのです
ハードディスクのクラッシュを未然に防ぐには?
ハードディスクのクラッシュは突然やってくるのはもうご存知ですよね。 しかしハードディスクがクラッシュするのを未然に防ぐことってできるのでしょうか。 ハードデ
ハードディスクは消耗品です!
パソコンのパーツの中で一番壊れやすいのはどこだかわかりますか? それはハードディスクなのです。ハードディスクは使っていれば必ずクラッシュしてしまうものなのです

▲このページのトップへ