データ修復の注意!

ハードディスクがクラッシュしたときにデータの修復をしたい!という人は多いでしょう。

データ修復ですが注意する点がいくつかありますので紹介しましょう。

そもそもクラッシュしたハードディスクは直接復旧処理をしてしまう人もいるかもしれませんがコレはかなり危険なのです。

通常であればハードディスクの中身を一旦、シクテムにバックアップをします。

それから処理をするのです。

もしこの作業をしなければ処理中に何か問題が起こってもデータの修復ができなくなってしまいます。

なぜならオリジナル、そのものを壊してしまうという最悪の結果になってしまうこともあるからです。

データを修復させるときにはデータ復旧業者に依頼しますよね。

このときにきちんと処理をしてくれる業者を選びたいものです。

データ復旧業者を選ぶポイントを挙げていきましょう。

①データ修復作業はどこで行うのか?
データ修復作業は自社内で行うのか、他社に委託して作業させるのかを確認しておきましょう。
②最新技術を持っているのか?
パソコンは進化していますから最新の技術を持っていなければ厳しいですよね。
③施設・設備は?
データ修復をする施設や設備はきちんと整っているのかを確認しましょう。
④実績・年間作業件数
過去にどのような修復作業をしてきたのかという実績と年間何件くらいの作業を行っているのかを確認しましょう。
⑥セキュリティ
データの流出の恐れがありますからデータの管理は慎重に行っていないと困りますよね。
また納品後、業者に預けたデータは消去してくれるのかどうか確認しましょう。

以上のポイントは最低限確認するようにしましょう。

お金を払ってデータの復旧作業をしてもらうのですから、間違いのない信頼できる復旧業者を選びたいですよね。

関連記事

ハードディスクを分解してもいいの?
ハードディスクがクラッシュしてしまったら何とかして直したい!と思いますよね。 最終手段としてハードディスクを分解してやろう!なんて思ったことがある人も多いでし
ハードディスクのクラッシュ修理時にデータの保護は?!
ハードディスクがクラッシュしてしまったという経験のある人は多いでしょうね。 突然のことでどうしていいのかわからなくなってしまいますよね。 ノートパソコンを購
外付けのHDがクラッシュしたら?
外付けのハードディスクがクラッシュしたときはどんな現象が起きるのでしょう。 パソコンを使用していて突然書き込みが出来なくなったという経験はありませんか? 外
ハードディスクのクラッシュ時に備えておきたい事
ハードディスクがクラッシュすることを予測できれば一番いいですよね。 しかしハードディスクがクラッシュするときは突然訪れるのです。 突然訪れるクラッシュに備え
ハードディスクがクラッシュしたらデータはどうなる?
ハードディスクがクラッシュしたときに一番心配なのはデータですよね。 データはハードディスクがクラッシュするとき以外でも消えてしまいます。 ウィルスが侵入した
ハードディスクがクラッシュで修復サービス
ハードディスクがクラッシュするときは突然訪れます。 まさか自分のハードディスクがクラッシュするわけがないだろう!と思って放ってませんか? ハードディスクがク

▲このページのトップへ