ハードディスクのクラッシュを未然に防ぐには?

ハードディスクのクラッシュは突然やってくるのはもうご存知ですよね。

しかしハードディスクがクラッシュするのを未然に防ぐことってできるのでしょうか。

ハードディスクがクラッシュする前にお知らせしてくれればいいのにな~と思った人も多いのではないでしょうか。

またハードディスクのクラッシュが予測できるようなソフトウェアがあれば便利ですよね。

パソコンにデフラグという機能があるのはご存知ですよね。

このデフラグの機能を使っていないという人は危険です。

デフラグを一度も使っていない場合はクラッシュする可能性が大きいのです。

では、デフラグ機能を使うのはどのくらいに使えばいいのでしょう。

1ヵ月から2ヵ月に1回はデフラグ作業を定期的に行いましょう。

ちなみにクラッシュを予測し教えてくれるソフトがあればいいですが、あったとすればパソコンに負担がかかり重たくなってしまいますね。

処理内容として全てのクラスタを監視して教えるのですからね。

即効性を求めるのなら常時クラスタ監視をしなければいけません。

監視するには常にアクセスしている状態になりますからもちろん寿命は短くなってしまいますよね。

ハードディスクのクラッシュを予測するのは基本的に難しいのです。

例えば急に大量のファイルを書き込んだ場合、ハードディスクがクラッシュするのかというとクラッシュはしませんね。

パソコンを使っていなくて使うのは1年に1回、1文字だけ書き込んだという場合はハードディスクを傷つけてしまうこともあります。

ハードディスクがクラッシュする前にデフラグをしておくことをオススメします。

関連記事

ハードディスクの丸ごとコピーの方法
ハードディスクがクラッシュしてしまったときに一番困るのが保存しているデータです。 クラッシュしてしまったら保存しているデータが消滅してしまうからです。 この
ハードディスクがクラッシュするときの予兆
ハードディスクがクラッシュしたときは『何で突然こんなことに...』と思われる人が多いでしょう。 しかし、ハードディスクがクラッシュするときは突然ではないのです
ハードディスクのバックアップのコツ!
ハードディスクがクラッシュする感じって大体わかってしまいますよね。 パソコンのキーボードで同じキーを押すとジージージー...と10回ほどハードディスクから聞こ
ハードディスクは消耗品です!
パソコンのパーツの中で一番壊れやすいのはどこだかわかりますか? それはハードディスクなのです。ハードディスクは使っていれば必ずクラッシュしてしまうものなのです

▲このページのトップへ