ハードディスクのクラッシュ時に備えておきたい事

ハードディスクがクラッシュすることを予測できれば一番いいですよね。

しかしハードディスクがクラッシュするときは突然訪れるのです。

突然訪れるクラッシュに備えてデータのバックアップをしておくという方法があります。

クラッシュしてしまったハードディスクは廃棄処分となり、新しいハードディスクと交換...となってしまいます。

データを復旧させたい!と思っても残念ながら難しいのです。

バックアップをしておけばデータは残っていますから安心ですよね。

バックアップのを取るには記憶装置が必要です。

記憶装置についていくつか紹介しましょう。

記憶装置というと聞きなれないかもしれませんが、記憶装置とは、「CD-ROM」「CD-R/RW」「DVD-ROM」「DVD-R/RW」「DVD-RAM」等の事を指します。

これらは光学ドライブと呼ばれています。

まずCD-ROM、DVD-ROMはROM=Read Only Memoryと言って読み込み専用の記憶装置です。

これらの記憶装置が使えるのはコンボドライブと表示されているパソコンです。

またはCD-RW/DVD-ROMと並べて表示してあるパソコンでないと対応していません。

またDVDを編集している人は使っているかと思いますが、DVD-RWもしくはDVDマルチができるものがオススメですね。

また通常のデスクトップでは3.5インチですがノートでは2.5インチのハードディスクが内蔵されています。

しかしデータを使う人には容量が足りなくなってしまった!という時に外付けのハードディスクが便利なのです。

外付けのハードディスクは内蔵型のハードディスクと相対して呼ばれていますね。

またFDDとはフロッピーディスクドライブと言って記憶装置なのですが、容量が少ないので保存媒体には向かないですね。

さらにMOドライブというのがあって、FDDに比べると保存容量が大容量ですからバックアップを取るには最適ですよ。

MOドライブの容量は128MBから1GBを超えるものもあります。

バックアップを取るなら容量の大きい方を選ぶことをオススメします。

関連記事

ハードディスクを分解してもいいの?
ハードディスクがクラッシュしてしまったら何とかして直したい!と思いますよね。 最終手段としてハードディスクを分解してやろう!なんて思ったことがある人も多いでし
ハードディスクのクラッシュ修理時にデータの保護は?!
ハードディスクがクラッシュしてしまったという経験のある人は多いでしょうね。 突然のことでどうしていいのかわからなくなってしまいますよね。 ノートパソコンを購
外付けのHDがクラッシュしたら?
外付けのハードディスクがクラッシュしたときはどんな現象が起きるのでしょう。 パソコンを使用していて突然書き込みが出来なくなったという経験はありませんか? 外
データ修復の注意!
ハードディスクがクラッシュしたときにデータの修復をしたい!という人は多いでしょう。 データ修復ですが注意する点がいくつかありますので紹介しましょう。 そもそ
ハードディスクがクラッシュしたらデータはどうなる?
ハードディスクがクラッシュしたときに一番心配なのはデータですよね。 データはハードディスクがクラッシュするとき以外でも消えてしまいます。 ウィルスが侵入した
ハードディスクがクラッシュで修復サービス
ハードディスクがクラッシュするときは突然訪れます。 まさか自分のハードディスクがクラッシュするわけがないだろう!と思って放ってませんか? ハードディスクがク

▲このページのトップへ