ハードディスクをクラスタ化してみた!

ハードディスクのクラッシュがしないように予防する方法があればいいですよね。

またクラスタ化というのをご存知ですか?

クラスタとはハードディスクでファイルを扱う際の最小単位のことです。

クラスタのサイズはファイルシステムやハードディスクの容量によって変わり、2GBのドライブならFAT16で32KB、FAT32で4KBとなっており、1バイトのファイルをハードディスクに保存しても、ハードディスク上からはクラスタ単位で計算するため、ハードディスク上では1バイトのファイルでも数KB~数十KBの扱いになります。

クラスタのサイズが小さければ小さいほど、同じ容量のハードディスクでも効率良くデータを保存できるというのがクラスタですね。

クラスタ化するといういうことは複数のパソコンのシステムを組み合わせて1つのシステムとして扱えるようにすることをクラスタ化といいます。

またデフラグについて紹介しましょう。

デフラグとはウィンドウズに標準添付されているハードディスクの保守管理ツールのことを言います。

デフラグはファイルの再設置を行うことができ、ウィンドウズ95に付属するデフラグは、1つのファイルがハードディスクの内部のあちこちに散らばっている場合に、連続した場所(1カ所)にまとめたり、データとデータの合間にできた小さな空きスペースを詰めて、読み書きの速度や信頼性を向上させることができます。

しかし、ウィンドウズ98のデフラグは、頻繁に使用するプログラムをハードディスクの読み書きが速い場所、つまりドライブの先頭部分に集めて、日常の作業が速くなるよう工夫されているのです!

フラグメントを回避する方法には、TEMPフォルダ、TemporaryInternetFilesなどファイルやフォルダが一箇所に集まっているところとOSが入っているドライブと別にするということですね。

ハードディスクとフラグメントとの関係性はありませんが、関係性が高いのはクラスタ化ではないでしょうか。

ハードディスクがクラッシュする原因は様々ですね。

関連記事

HDがクラッシュしそうかどうかを調べる方法
毎日パソコンを使っている人ならパソコンの調子や音、起動の遅さを感じる人は多いでしょう。 HDがクラッシュしそうな気がする...と感じる人もいます。 これはク
ハードディスクがクラッシュした場合の対処(初心者編)
パソコンをしているときに急に聞きなれない音を聞くとドキっとしてしまいますよね。 電源を入れたら突然ビービー!ピッ!!...カチャっ!!!なんて鳴ったときはかな
ハードディスクがクラッシュしたら...
ハードディスクがクラッシュするときは突然やってきます。 突然ハードディスクがクラッシュしてしまうと間違いなくパニックになってしまいますよね。 突然のクラッシ
新しいハードディスクに交換したけれど...調子が悪い
ハードディスクがクラッシュしメール関係、ファイルなどデータのバックアップをしていなかったためにデータを失ってしまった経験がある人も多いでしょう。 このときにハ
ハードディスク2つのうち1つがクラッシュした!
ハードディスクがクラッシュしたときに対応の仕方がわからないということがありますよね。 パソコンのハードディスクの使い方は人それぞれ、自分のやりやすいようにセッ

▲このページのトップへ